スポンサーサイトinセカンドライフ(SecondLife)

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Recommend







LiA Vol.4:目次inセカンドライフ(SecondLife)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol4表紙(解像度72px)


  1. 表紙
  2. Chouchouインタビュー
  3. チュウベイのSL川柳
  4. SIMオーナーに聞く アメ村
  5. クリエイターを訪ねる
  6. 初歩のものづくり講座
  7. チュウベイのちゃがまどこだ

スポンサーサイト

Recommend







テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

参加ランキング:にほんブログ村 セカンドライフ

SLが生んだ奇跡の音楽ユニットChouchouinセカンドライフ(SecondLife)

このエントリーをはてなブックマークに追加
SLが生んだ奇跡の音楽ユニットChouchou


LiA編集部内にファンも多い超人気ユニットChouchuさんの登場です!結成秘話から意外な面白話、今後の展開まで、いろいろな話をお聞きすることができました。ファン必見です!
突撃インタビュアー electrolab kayo from CMS


electrolab kayo(以下ele):Chouchouは、どのような経緯で結成されたのでしょうか?
arabesque Choche(以下ara):まず、SLを見つけた時に、お互い、結構興奮しました(笑)。ここで何かしたいね、と。最初から何かできないかと思って始めました。
Juliet Heberle(以下juli):私は最初ラジオをしてみようと思ったんです。
今年の6月くらいからかなぁ。
それでBGMとか作ろうかって言ってくれたんです。
ele:もともとお二人はRLでのお知り合いでしょうか?
ara:そうですね〜。ジュリと知り合った頃は海外にいたのですが、今は日本にいます(エレ注:ジュリさんは現在も海外在住)。
ジュリと音楽を作るということは、今までやったことはなかったのですがジュリの放送にBGMを作る、というところから始めまして。
ele:ラジオが起点ですね。
ara:そうですそうです。
それで作ってみたら、もっとやりたいね、ということになって。
juli:オープニングとか歌ってみる?っていわれて。
ara:そうだったそうだった。
juli:もともと歌うのは好きだったんですけど鼻歌が好きぐらいで。
あ、カラオケも好き(笑)。
ele:カラオケは意外です(笑)。
juli:歌勉強したことないし、歌ったことなかったんです。Chouchouではじめて歌いました。
ele:声が素晴らしいので以前から歌っていらしたのかと思いました。
ara:今もそうですがラジオをsapporoSIMでやってて、そこでジュリが玉光道のToyさんと知り合いまして、その頃、Toyさんが楽曲販売を始めようと思っている、というプランを聞かせてくれたんですね。だったら、二人で歌を作っていくのも、もうちょっとやってみたいし、できそうだから本格的にそういうつもりでやってみようかーとなりまして。
ele:すべてが同時に、引き寄せられるような感じですね。
奇跡だと思います。
ara:そうですね(笑)。全部タイミングがよかったように思います。
ele:SLが生んだ奇跡@@
juli:おお。歌ってよかった。
ara:すごい><。そう言ってもらえると嬉しいです><
ele:そんな奇跡があって現在があるんですね〜。
ara:そこからの延長上で、ずっと続いてるっていう感じですね。
ele:ユニット名の由来は?
juli:フランス語でお気に入りって意味なんです。響きも好きで、みんなのお気に入りになれたらって思って。
ara:うんうん。
あとドビュッシーが好きで。
ドビュッシーの娘の名前なんです(笑)。

マニアが集う店(?)玉光道
ele:それで 玉光道さんでの楽曲販売が始まったわけですね。
玉光道さんが楽曲販売をはじめた中でも、早いほうですよね?
juli:うんうん。早いですね。
ara:まだ販売のシステムができてない時に、プロトタイプのシステムができたよーってToyさんに呼ばれて、自分の曲を買ってみた記憶があるので、ほんとに一番最初からですねー。
ele:曲は最近製作されものばかりですか?
ara:全部新しく作っていってます。
ele:もともと音源製作はされてたんですよね?
ara:そうですね。元々曲を作るのが趣味で、なにより機材オタクなので(笑)。
juli:異常です。
ara:そんなことないです><
juli:玉光道のToyさんとしか話ができないぐらいですね。
ele:以前、偶然に玉光道でお会いした時、新品機材のにおいの話題がでましたよね。あれがすごく印象的でおかしくて(笑)。
ara:においいいですよ〜><
ele:玉光道では、ああいう話題は日常とか?(笑)
ara:そうですねー。玉光道行くと最近何を買った〜〜とか、何を買いたい〜〜〜とか、あとは昔買った機材の話とか。
いっつもそればっかりです(笑)。
juli:つまみがいいって感覚が私にはわかりません…
ara:初めて買った機材はなんだった、とか。じゃあ2番目は、とか。3番目は、とか(笑)。きりがないです(笑)。
ele:機材の話はいいとしても、においの話は驚きました(笑)。
ara:いやーもう箱だけでも楽しいですからね。
ele:新品機材のにおいについてですが、あれはコンデンサに封じ込んであるフェノール樹脂のにおいだという情報が(笑)。
ara:ほおおおお。じゃあもうそれを直接買おうかな。それを常に部屋においておこうかな。
juli:異常^^
ara:あと好きなのは、新しい機材を箱から出す時に発砲スチロールがあまりにぴったりすぎて、きゅっきゅ〜〜〜って音がしちゃうんですけど、あれもはぁはぁします。
juli:きもいですよね^^
ara:きもくないです><。
ele:異常な愛情というか(笑)。
juli:えぇえぇ。
ara:いやーわかる人はいると思いますよー。例えば新しいプラグインを買うじゃないですか。
まずは箱だけ見て楽しむんです。
いろいろな角度から回して楽しんで、なめるように見るんです。
juli:つまり変態さんなんですね。
ele:じゅりさんのつっこみも含めておもしろすぎ(爆)。
ara:それから、ちょっとあけて半分くらい出します。
ほほ〜とかいいながら、説明書とかインストーラーとかを見るんですね。
で、ここポイントなんですけど。
一回しまいます。
また閉じてください。
んでちょっと遠目に置いて遠くから今度見てみます。
そこで、我慢して我慢してためにためたら、猛ダッシュで取りにいってください。
juli:この話題終わらせるの、大変ですよ。
ara:その時「好きだああああああ」とか言いながらでもいいでしょう。
ele:と、止まらない@@
ara:そして、お楽しみのインストールタイムなんですが、まずはユーザー登録票とかをじっくり眺めて自分がこれのユーザーに本当になるんだっていうことを噛み締めてください。それからインストールです。
juli:(以下略)でいいんですよ、雑誌では。
ele:はい…(笑)。
ara:今半笑いでチャットしている自分に気がつきました。ごめんなさい、なぐってください。
juli:きっと今、はあはあしてます。
ara:今度から止まらなくなったら殴ってください。
ele:話ふったこと、途中からちょっとだけ後悔しました^^;
juli:誰もがそう思います(笑)。
ele:普通に(笑)、簡単に機材について教えていただけますでしょうか??
ara:基本的に最近はMacの内部オンリーでやるようにしていますね。
マシンはスペックがあんまりたいしたことなくて買い替えたいと思っているんですが。
昔はラック積み上げまくり派だったんですが、あまりに音が良くて安価で便利なものがたくさんあるので、気がついたらこういう環境になっちゃっていましたねー。でもそろそろラックを積み上げはじめようかと思っているところです。
ele:じゅりさんは、まったく興味なしですか?
juli:なしです^^
ara:なんでジュリーー><
もっと興味を持ってーーーー
juli:歌うのに少し買わされましたねー。
ara:ネットでデータのやり取りをしているので、どうしても最低限のものはジュリに用意してもらうしかなくて。
juli:ミキサーと、オーディオインターフェースとコンデンサーマイクとリバーブの機械。
ele:普通に、けっこうな機材ですね〜。
ara:ふっふっふ(笑)。
juli:もう見た目がオタクみたいでいやなんです。
ara:ジュリの機材を選びながらも、ひそかにはぁはぁしてたのは秘密です><
juli:してたねー(笑)。
ara:してた><
juli:なんかパソコンの前が、アマチュア無線部みたいな感じで悲しいです。
ele:あはは(笑)。
ara:イイヨイイヨー、そうなってたら成功ってことです。
ele:うち(The Black Stripes)のバンマス(koja writer)は小学生でアマチュア無線の免許を取得したほどの筋金入りで、同じようなことを言いそうです(笑)。
juli:ふえー。
ara:おおー僕もです(笑)。
小学生の時にアマチュア無線の免許とりました(笑)。
ele:なんと@@
juli:よかったね、仲間がいて。
ara:うん><
全然使ってないですがコールサインは未だに覚えています(笑)。

「Islamey」について
ele:奇跡のように結成されたChouchouですが、ライブの時にしか現れない夢のような場所、HOME「Islamey」は、どのように作りあげられたのでしょうか。
juli:Islameyは私とyuki Aabyeで作りました。最初悩んでていろいろ試して、Chouchouの世界を体感できるような場所を作りたくて。
ara:土地を借りて何か作ろうとは思っていたんですが、実際にはなかなか時間が取れなくて。
初めて見るとこれがまた新しいソフトを覚えるくらい大変で、かなり長い間放置してしまっていたんです。
juli:私が見かねて最初上空に球状のものを作ってそこに気を植えてたんです。それでYukiがいろいろ手を加えていってくれました。
ara:そうですねー。ちょっと作っていたものと比べて、圧倒的にこっちが良かったので(笑)。
juli:うんうん。森みたいにしたいなって思って。
ele:これもまた奇跡みたいな話ですね@@
ara:そうですね〜。
juli:(笑)。
ele:すべてが奇跡の連続というか、そうしてできあがった世界も奇跡のように美しい…。
ara:いつかは、SIM全体がChouchouの世界という、ChouchouSIMを作るのが夢ですね〜。
juli:え。そうなんだ。なるほど。
ara:えええ?!違うの!?いつもそう言ってない??
juli:しりませんでした><
ara:えええええ ショッキングー><
juli:本気だったんだね。
ara:そりゃそうだよー。
juli:今から夢になりました。
ele:あはは(爆)
ara:ええええ いつも言ってるのにーー????
juli:そんなことあるわけないっかーって思ってたー><
ara:><
juli:Yukiはいろんなものを幻想的に変えてくれる人でYukiなしではこんな夢みたいな空間はできなかったと思います。
ara:うんうん。すごいよね。SLでこんな世界観ができるんだ、って、まずそこから驚いちゃう。
ele:本当に驚きました。心の綺麗な人しか見えない世界…。
juli:うんうん。床の色とか曲ごとにYukiが手動で変えてくれるんです。
ara:機材でも同じですけど、やっぱり使う人なんだなーって。
ele:おっしゃるとおりですね。結局は人が創り上げているというか。
juli:うんうん、ですねー。

今後の展開について
ele:これからの活動予定について、お聞かせください。
juli:来年は外国でライブとかいっぱいしていきたいですねー。
あと何曲か既にとりかかってるのがあるので、そちらも楽しみです♪
ele:それは楽しみですね!
juli:私はアラベスクの音に歌をいれることができて本当に幸せなんです。私は知り合った時からアラベスクの音が大好きで。
ara:僕もジュリに歌ってもらえて本当によかったなって、いつも思ってるよー。
juli:世界観がこんなに自分とぴったり一緒な人はいないと思っています。
ara:曲に命を吹き込んでもらってるって思ってる。
juli:私が見る世界と同じものをアラベスクは見てくれるんです。
ara:うんうん。知り合ってから昔に遡っても昔聞いてた音楽も一緒だったりして。
juli:うん、10年前に探してた曲も一緒だったよね…
ara:そうそう。同じように同じ曲を探してたりして(笑)。
juli:うんうん。
ele:決定的な奇跡ですね。
ara:だから安心して任せられるんです。
juli:私も安心して曲を待っていられます。
ara:ジュリの声はアナザーワールドの入り口ですよね(笑)。
juli:最近じゅりちゃんの声は音楽みたいだねって言ってくれた人が何人かいてすごく嬉しかったんです。
ele:癒されます。
juli:よかったねーChouchouやって(笑)。
ara:うん><
ele:最後にファンへ一言いただけますでしょうか。
ara:最初、Chouchouを始めた時にキャッチーな曲作りを中心に、とかもっと受けのいい音楽を作るようにとか、いろいろ邪推して考えたこともあったんです。
でもなぜかSLでは自分たちのやりたいようにやっても受け入れてくれるプラットフォームがあって、音楽的にも現実離れしている世界観を作るという意味でも、SLでChouchouをやるというのはあるべき姿のような気がしていて。聴いてくれる方がいてくれるからChouchouが動いているというのがあるのは、一つの事実として間違いないと思うんです。
これからも精力的に曲作りやライブをやりつつ、Chouchouにしかできないことをやっていこうと思っているので、ぜひ応援よろしくお願いします!><
juli:Chouchouの音を見つけてくれて本当にありがとう。みんなに一瞬の夢をみせられるような世界をこれからも描いていけたらと思っています。
ara:くそ、、、ジュリの方が、きれいにうまいことまとめた。。
ele:あはは(笑)。

完成された世界観を提示してきたChouchouの存在自体が、奇跡としか思えないインタビューでした。今後の活動も楽しみです!

Recommend







テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

参加ランキング:にほんブログ村 セカンドライフ

LiA Vol.4:チュウベイのSL川柳inセカンドライフ(SecondLife)

このエントリーをはてなブックマークに追加
チュウベイのSL川柳

みてみたい メモリ積んだら 空の虹
セカンドライフは、その無限の可能性を実現するために、これまた無限ともいえる設備投資が必要なシステムである。
制限の中で、限界を決めて、「この表現は諦めよう」とする日本のやり方と違い「やりたいことやろうぜ!いつか世界が追いつくよ!HAHAHAHAHA!」というのは実にアメリカ人らしい発想である。
そういうこともあり、日本では「いつもやってるゲームはさくさく動くのに、セカンドライフでは、ロクに歩くことすらできない」という人も多かったようだ。
かくゆう私も、その一人である。
私の場合は、メモリが足りない。

ごりごりごり……あぁ、また、メモリスワップが始まった。

そんな詠み人の悲しみがごりごりごりごりごりごり

Recommend







テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

参加ランキング:にほんブログ村 セカンドライフ

SIMオーナーに聞く〜アメ村〜inセカンドライフ(SecondLife)

このエントリーをはてなブックマークに追加
SIMオーナーに聞く〜アメ村〜
SIMオーナーに聞く〜アメ村(amemura)〜
今回はAmemura Shinsaibasi Nanba Nipponbasi
これら4SIMのオーナーのモンドさんにお話を伺いました。
(Writer/Ikki Jewll)


最初にAmemura草創期からおられる住人の方にモンドさんについて聞いてみました。
★住人に対して気配りがある。
★偉ぶらないとこがめっさ偉いw
★自虐趣味のオタクやね
★新しい店屋、イベントやったら必ず駆けつける、いい人
★商売人やね、腰の低い。
★趣味的にやってるようにみて、けっこう戦略的
★日本橋も普通、そんなSIMの名前は考えないやろう。でも、それを強みにアキバに対抗しようとしてるしアキバを越えようとしている。
★ターゲットの絞り込みがうまいというかしっかりしている。
★忙しい中で、ようあれだけキャンプいっぱい作るわ
★尊敬してます。

なかなか、いろんな見解が成されております。
では、モンドさんにインタビューです。

Q:オーナーになる前はどんなSL生活でしたか?
オーナーになるためのSL生活です。SIMオーナーになるためにはどうしたらいいかとか、何が必要で、何を注意しないといけないかとか、そういうのをいろいろと考えたりしてました。

Q:あとは、どのようなことを?
SIMオーナーになる前から、平和なサンドボックスで三角公園作ってましたね。SIMオーナー目線でいろいろなSIMを回ったり、作業してたというわけです^^

Q:アメ村から作ったのは戦略ではないかという意見でしたが、いかがでしょう?
ほぉほぉw
まぁアメ村がいちばんアツいと思ったんで、それは合ってますねw

Q:SIMオーナーとなったきっかけは?
SLを始めるまえに島を買いたいと思ってたので、きっかけと言われればRLで見たテレビがそうかもですw

Q:アメ村・心斎橋・難波・日本橋の4SIMお持ちですがどうしてこの地域にしたのですか?
RLで大阪に住んでいて、ミナミでよく遊ぶからです^^
チャリ圏内ですw

Q:SIMオーナーとして大変なことは?
うーん、SIMのトラフィックをあげるためにあれこれ考えることですかねぇ^^
そのためにしなきゃいけないことが大きなものから小さなものまで、とてもたくさんあるんです^^;
大変ですが、面白くもありますね〜

Q:SIMオーナーになってよかったことは?
友達が増えたこと。職権乱用して、フレンド申請ができることです。

Q:SIMを増やすご予定はありますか?
大いにある!

Q:具体的には秘密?
秘密というか、計画というか、希望なんでw
金銭的にはまだ無理ですw

Q:住人へのメッセージをどうぞ。
まだ空きがありますのでお気軽にご相談を♪

Q:今後、どのようなSIMにされたいですか?
RLとつながりのあるSIMにしたいと思っています。
RL企業が宣伝できて、ユーザーがとことん無料で楽しめる、企業とユーザーとの間で理想の形を作りたいなぁと思ってます^^
今の4SIMからどんどんSIMを増やしてコミュニティを広げていきたいと思っていますので、みなさまどーぞよろしくお願いします☆

Q:4SIMのコンセプトを教えてください。
RLのテイストを出しつつ、SLの良さであるユーザーのクリエイティブな感性を最大限に発揮できるSIMにしたいと思っています。
コンセプトというか理想になってしまうかもしれませんが、根底にあるのはSIMオーナーのエゴばかりのSIMではなく、住人さんと一緒に町づくりをということですね^^

補足(※発行当時情報)
モンドさんのSIMにはいろいろなCAMPがあります。
中でも有名なのが「奴隷CAMP」ムチで叩かれながら歯車を回します。
あの「北○の拳」に出て来る有名なものです。他にもスマキ・段ボール暮らし、占い師CAMPなどがあります。
RLで昔、阪神タイガースが優勝した時に投げ込まれたカーネルさんも道頓堀川に沈んでいます。しかも、タッチするとチキンとカーネル・マスクがもらえます。
どこまでも住人を楽しませるSIMです。
まさに、モンドさんの人柄が現れているSIMです。

Recommend







テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

参加ランキング:にほんブログ村 セカンドライフ

LiA Vol.4:クリエイタを訪ねるinセカンドライフ(SecondLife)

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリエイタを訪ねる。参
KIKI No.18
Write by ituki Beck


国内はもとより、海外のオタクにとても人気の高いブランド「KIKI No.18」のKissKiss Zemljaさん。
できたばかりのSLJCI(JCreators Island 1 SIM: NOW2000 Jewellオーナー)にある本店でインタビューさせていただきました。



KissKiss Zemljaさん(以下キキさん):セカコレではモデルありがとうございました。
記者:着ることができて、感激でした!セカコレはどういった経緯で参加されたんですか?
キキさん:SLingの看板を見たらセカコレの後に北陸にタダで展示販売できると知って即応募しました。
記者:なるほど。最初はどうやってお店を始められたんですか?
キキさん:お店を持つ前に、タダで物を販売できるフリーヤードをいくつかチェックして通ってました。
タダで売れる代わりに、毎週一週間で商品が全部リターンされるようなところです。
日本では少ないので、知らない人も多いかもしれないですね。
その中で目立たせるようにパッケージは等身大で、さらに目立つような色にしました。
記者:当初は外国人の方をターゲットにしていたとか?
キキさん:NHKだったかの番組で海外でアキバ系が流行ってるというような番組がやっていたので、コレだ!と思いました。
そこで、ナースセットやメイドセットといった当初のスタイルができました。
値段設定は、当時自分が買っていたものを基準にしました。



記者:セット販売で珍しいですね。なぜ、このような販売方法になさったのでしょうか?しかもお安い!
キキさん:SLをはじめた頃ってお金がなくて、一個ずつ買うなんてことはできないですよね?
でも初期アバターのままコスプレしてもちょっと悲しすぎるので、おまけとしてつけちゃえ!って思ったんです。
おまけの分スキンと髪のクオリティーは低いです。
これでもセットの値段は始めた頃より高くしたんですけどね〜
記者:えぇ!これで高くしたんですか?M2J Coreグッズやpiattoの衣装を担当されるくらいクオリティ高いのに、この値段は安いですよ!
(piatto:M2J PRODUCTION所属の四人組のアイドル。メンバーはBeyonce、Orie、Tammy、Kir。本誌2号の表紙を飾った。)
キキさん:あははw
ableseedSIMのシティマつながりのおかげで、すごく早い時期にM2J Proのアーティストグッズを作る機会にめぐり会えました。
(ableseedのシティマ:株式会社エイブル・シードのableseed SIMで行われているシティマーケット。投票により決まったランキングでプリム数や撤退、フリーマーケットの移動などが決まる。
M2J Pro:本誌一号にも当時要したJets Fride氏が作った仮想の芸能プロダクションM2J PRODUCTION)
はじめ、フリマ・シティマをみんなで盛り上げようという意味で参加者がそれぞれM2J Coreグッズを作りました。
そのとき私はウサジャンプ(乗り物)を作らせてもらいました。現在フリーでableed店にだけ置いています。
その後、コスプレで技術を買ってもらったようで、piattoの衣装をと声をかけてもらいました。
最近では、Piatto CinemaRayライブの衣装担当しました。
Piattoのデビューライブの衣装は植物をモチーフ、CinemaRayライブはロボットをイメージした水着です。
どちらも共通裏テーマとしてはリアルじゃないもの、ということでしょうか。
記者:なるほどリアルじやないもの、だったんですね〜。
そういえば、湘南のMeltyWaveでのナースドールレンジャーもキキさんの服が使われていましたね。
キキさん:そうなんですよ!
MeltyWaveでのコスプレイベントで服を使わせてほしいっておっしゃって。そこから色違いで、戦隊もの→戦隊ものなら「ショー」にと、Fuminaさんがナースフドールレンジャーの企画を作り上げてくれたんです。
記者:NaviSL-SNS(旧セカンドライフSNS)でコスプレコミュの管理人をやっていらっしゃるFuminaさんらしいですね!アンリアルアバターのことも教えてください!
キキさん:苺屋さんの素材を元に絵っぽいものが得意な自分を生かせると思って、オリジナルものを作らせていただきました。スクリプトで表情が変わります。
瞬きしたり、ほほが赤くなるんです。
スクリプトは元々あまりやってなかったので苦労しました。
素体も作ろうとスカルプテッドプリムに挑戦しましたが、挫折しました…w



記者:最後に読者の方へメッセージをお願いします。
キキさん:これからも、みなさんのネタ帳の片隅に、またはフェチのお供にウチのコスプレをよろしくお願いします!
記者:どうもありがとうございました!
伺ったSLJCI本店にはおもしろい仕掛けがありました。足を運ぶ際はその仕掛けを探してみてくださいね!

Recommend







テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

参加ランキング:にほんブログ村 セカンドライフ

カエル隊の中を検索
カエル隊最新記事
投稿記事カテゴリ
看板屋カエル隊プロフィール

看板屋カエル隊 まゆみ
カエル隊Google+まとめページ

 

mayumi Frog

ブログ開設当初はともかく!
現在は「看板屋」ナシで
「カエル隊」が
屋号的あだ名みたいな?
セカンドライフで遊ぶカエルでケロっ♪

About Us

まゆみの勝手な
セカンドライフ
イベントカレンダー

最新記事のお知らせは

最新記事のお知らせはtwitterで♪

リンク
最新コメント
最新トラックバック
お気に入りイロイロ
てきとぉなお気に入りリンク集♪ (順番もてきとぉ)


RSSリンクの表示
看板屋カエル隊QRコード
QR
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

サイトマップ

全ての記事を一覧表示する

Gallery
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。