LiA Vol.6:目次inセカンドライフ(SecondLife)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Cover design : mayumi Frog


  1. 表紙
  2. 元町神社探訪記
  3. しあわせ宅急便
  4. しろたんインタビュー
  5. SLの新しい可能性 YumixSquare
  6. SLのゲーム マグスル殺人事件2
  7. ComboMilesのコラム始めてみました
  8. 初歩のスクリプト講座

スポンサーサイト

Recommend







テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

参加ランキング:にほんブログ村 セカンドライフ

元町神社探訪記inセカンドライフ(SecondLife)

このエントリーをはてなブックマークに追加
教会・神社探訪記
今回から新しく始まった『教会・神社探訪記』
記念すべき第一回目は、元町SIMにある「元町神社」を訪ねてみました。
writer:denden Toshi
editor:mayumi Frog


■ 元町神社
2007年の5月に1024平方メートルの土地からオープンしたこの神社は、現在では約8000平方メートル(SIMの1/8)まで広がっています。
昨年の夏には「七夕祭り」や27時間連続インワールド募金活動も行われ、また昨年大晦日には、年越しダンスイベントや初詣に延べ1000人近くの方 が訪れた、とても活況のある神社です。
「喜んでくれる人がいる以上、これは神からの私の使命ですから」
と言うのは、神主を務めている ayumi Hammererさん。
もっとたくさんの人に心のつながりを持ってもらいたいという思いから神社を始めたそうです。


「皆様にとても感謝しています。ご参拝頂いてお賽銭を頂いた時に、すごく重みを感じます。
この世界での平穏を願う皆さんの心が、とても伝わってきます。
本当に皆様のお幸せを心からお祈りしたいと思います」

と参拝に来られた多くの方への感謝を述べてくれました。



昨年の11月には神社初の神前挙式が行われ、白バイ隊の先導によるパレードでSIM内を行進するなど、元町SIM全体で祝う大盛況な祭事となり、

「ここで挙式すればずっと幸せになれる」
というジンクスを生んだとも言われています^^


神主のayumiさんはmixi内でも「コミュニティセカンドライフで会いましょう」を立ち上げ、SLユーザーの交友の場を提供してくれていて、ここから4組の幸せな挙式カップルを生んでいます。

今現在、SL内でご結婚をお考えのカップルさんw
神社で挙げる格調の高い神前式も検討してみては如何でしょうか?

元町神社

Recommend







テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

参加ランキング:にほんブログ村 セカンドライフ

しあわせ宅急便inセカンドライフ(SecondLife)

このエントリーをはてなブックマークに追加
しあわせ宅急便
しあわせ宅急便 セカンドライフでハッピーLove Loveライフ
毎回素敵なご夫婦をお招きしてお話を伺う『しあわせ宅急便』のdendenです。
今回2回目のゲストは昨年の11月に元町神社で挙式を挙げたCoudyさん、Vivienさんご夫妻と式の神主をして頂いたayumiさんを交えてインタビューを行いました。


■まず最初の出会いのきっかけは?
「あゆみさんが運営されていた村で知り合いました」と言うCoudyさん。
その家の隣の隣に住んでいたのがVivienさんだった。
「お隣のお友達がこうでぃさんを紹介してくれました^^」
Vivienさんの友人の紹介で二人は運命の出会いをする。
「最初に意識し始めたのは?」という質問に「えっと一目惚れです」と答えるVivienさん。
当時はスターウォーズのベイダー卿のアバターだったCoudyさんに対し、
「怖かったけど中身は優しそうだったからノw」と当時の想いを照れ臭そうに答えてくれた。
一方Coudyさんも「明るい子だと思ったし、話しも合ったので、居心地よかったですよ」と好印象。そんな二人が惹かれ合い、最初は友人4人組で遊んでいたのが、そのうち二人で出掛けるようになり、いつしか自然と付き合うようになったとか。

■付き合い始めて4ヶ月後に入籍
そんな二人に転機が訪れる。
あゆみさんの村からCoudyさんが自立し引っ越した時に、Vivienさんも新居の隣に越してきてのだ。
「押しかけましたw」と笑って答えるVivienさんに、ここでも積極的な一面が伺えた。
それから二人の半同棲生活が始まり、Vivienさんの誕生日に婚約指輪を渡すという、
ごく自然な流れで二人の愛は育まれていった。
そして友人、知人へのお披露目を込めて昨年の11月3日に挙式へ。



■前例のない神前挙式
チャペルや教会での式が多い中で、神前式にしたのは、
日頃お世話になっているあゆみさんへの恩返しも込めて元町神社での挙式にこだわったから。
そんな二人の頼みに、あゆみさんは快諾どころか本人たち以上に張り切ってくれたらしい。
但し、式の準備を進めていくと、なかなか思うようには進まなかったという大変な一面もあったようだ。
「実際に始めると『神前式はいいけど、つまりどうするの?』っていうところから入り、少なくとも周りでは前例がなかった式なので、あゆさんにもいろいろ調べてもらったりとご迷惑をおかけしました」とCoudyさんは当時の苦労を思い返す。

■みんなで作る思い出の挙式
「それでも街全体の方が協力してくれて、素晴らしい式が出来たんです」とあゆみさんが語るように、警察の方に交通規制を行ってもらったり、パレードの先頭を白バイ隊が先導するなど元町あげての大々的なモノとなっていった。
「でも馬車が動きませんでしたw」と想定外なアクシデントにも「ありがとー!ありがとー!」とマラソン大会のように走りながら街中を駆け巡る一場面のあったという。
当日は式の参列者以外にも80人以上の人がSIMを訪れ、たくさんの人から祝福と声援を受けた。
「たとえたまたま居合わせた方だとしても、見てもらえて何かを感じてもらえたら、それだけで僕らにとっては祝福ですよ」とお二人にとって一番の思い出となる式を振り返る。

■結婚してから変った事
それまでとは変らないと言いながらも「でもやっぱり責任というか、そういうのは増えましたよね」と結婚後の心境の変化を語るCoudyさん。
一方「もっとラブラブになりましたぁ」とノロけ気味なVivienさんの答え。
「SL内でも、『ただいまー』って言って『おかえりー』って返ってくるのはやはりうれしいですよ」と新婚後の幸せな生活を語る。

■結婚は人生そのもの
「SL結婚は人生と同じですよね」というCoudyさん。
「今まで一人だったのが、結婚して二人になって色んな事を共有するわけじゃないですか。良い事も大変な事もひっくるめて、幸せですよ」と最後の質問に真面目に答えてくれた。
「こうゆう真面目な彼に惹かれました^^」と最後の最後まで仲睦まじいお二人の姿がとてもうらやましく思えた。



インタビュー中、目の前に座るお二人はとってもお似合いの美男美女のご夫妻でした。
SL内では芸人もされているというCoudyさんですが、普段は真面目で誠実な方でしたね。奥ゆかしい雰囲気のあるVivienさんですがインタビューでは、積極的な発言も多く、そこがうまく調和が取れているところなのかなぁとカップルの理想の姿を垣間見た感じです。
どうぞこれからも仲良く幸せな家庭を築いてくださいませ^^

Guest:
Mr. Coudy Yoshikawa
Ms. Vivien Meili
Ms. ayumi Hammerer

interviewer:denden Toshi
editor:mayumi Frog

Recommend







テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

参加ランキング:にほんブログ村 セカンドライフ

しろたんインタビューinセカンドライフ(SecondLife)

このエントリーをはてなブックマークに追加

しろたんインタビュー
〜SL始める前から、この狐の顔が気に入ってて^^〜

今回のインタビューは、ギターやピアノで弾き語りライブを中心にSLで大人気の女性アーティスト、「しろたん」です。以前のプロフィールでは、シャイな性格なので、お面をかぶっている、ということでしたが、最近はマイペースな“天然”ぶりもファンに指示されています。今回も楽しいインタビューになりました。
突撃インタビュアー electrolab kayo


electrolab kayo(以下エレ): まずはSLを始めた動機について、お聞かせください。
Shirotan Kidd(以下しろたん): SLをはじめたきっかけは、最初はリアルでの会社の企画の一つとして、私が言い出した企画の案があって、それで実験的に始めたんです。
エレ:リアルの会社って普通の会社じゃないですね(笑)。
しろたん:へへへ。一応、音楽制作会社です。会社の社長がオッケーを出してくれたので、まずはSLを知るために始めようって。それがきっかけだったんですよ。なので、最初は上司と2人で始めて、営業のどさ回りです^^
エレ:あはは(笑)。
しろたん:わたしはギターを持たされて、 曲作りますよ〜〜っとか。あとはサンドイッチマンになって、会社のホームページ(http://www.cmusic.jp/sl.html)にリンクはって、宣伝活動していたんですよ〜〜。それで企画の案なんですけど、詳しいことはやってみてから決めようって。まずは知らないとって所からはじめていき、フレンドになる人たちが、気がついたら音楽の会場作りをする人だったりして、アレサさんやジェッツさんに知り合い、SL内のライブを初めてみたんです。M2J COREのね^^
そして、 しろたんを知ってもらうために、音楽活動も始める事になったんですよお。
次のイベントの際に、一緒にブッキングしてもらったんです。その時も会社の宣伝しつつ(笑)。でも時間の流れるのは早くて…。
エレ:SL時間って早いですよね〜。
しろたん:そう(笑)。そうなんだよおお。あっという間に流れるし、あっという間に次のライブがどんどん決まって、それで、M2J MODEに入ったの。それで、企画の話は遅いから、SLの中での音楽活動の方が流れが早くなったんです。
エレ:RLのほうがSLより遅いと(笑)。
しろたん:そう。時間の感覚がですね。RLの企画の案は、SLの時間についていかなかったんです><
エレ:それで、RLの企画はどうなったんでしょうか。
しろたん:会社の中でSLをやる人が少なくて、企画を進めるのは難しいんです。担当者がわたしではなかったりするんです。
エレ:複雑ですね^^;
しろたん:ですねえ。SLやらない人が、企画を進めるのは難しいよお。
エレ:じゃあ今の活動は仕事半分、個人的にやりたいこと半分って感じですか?
しろたん:そうですねえ。

ファーリーシンガー誕生
エレ:ところで、はじめからファーリーだったんですか?
しろたん:そうです☆
エレ:ていうか、それはなんで?(笑)
しろたん:最初は体もファーリーだったんだけど、SL始める前から、この狐の顔が気に入ってて^^
エレ:あはは(笑)。
しろたん:でも、体が白いのには抵抗あったので、体だけ人間にしてたらジェッツさんにポスターの撮影するよって(笑)。それ以来、このままです。
エレ:でもかえって印象的で覚えやすいですよね(笑)。
しろたん:へへへ〜〜☆
エレ:親しみやすいし。
しろたん:ありがたい^^
うひゃひゃ。でも、海外に行って買い物とかしてると、くろたんのPV(エレ注:ごっでぃなかと「セカンドライフにみんな恋」PV)のように周りの人が消えていなくなるんですよお。ナンパとかは、されないですねえ。
エレ:いいじゃないですか!
しろたん:そうですねえ。全然周りを気にしないで、マイペースにできますよ。仮面はおすすめです。
エレ:マイペースという言葉は、ぴったりですね。
しろたん:よく言われます(笑)。
エレ:しろたん=マイペースみたいな(笑)。
しろたん:ぶ〜〜〜。当たってるから何も言えない><
エレ:うはは(笑)。でも、生ライブのMCもそのまんまですよね〜(笑)。
しろたん:はい〜〜。
同じなんです(笑)。
エレ:音楽が素晴らしいのは、もちろんですが、MCも含めて楽しいライブですよね〜(笑)。
しろたん:あはは!!結構、自宅でも楽しんで、やってますう〜^^
エレ:あれ自宅なんですか!
しろたん:はい〜〜^^
エレ:防音設備とかは、なしで??
しろたん:うーーん、防音カーテンぐらいですね(笑)。全然です(笑)。苦情がきてないのか、気付いてないのか(笑)。
エレ:時間帯も遅いので…
しろたん:遅いですねえ(笑)。
エレ:心配になっちゃいます。
しろたん:気の毒です(笑)。
エレ:うはは(爆)。
しろたん:あ!でも無意識に、声は小さめになってるようです。
エレ:やっぱり本領発揮では、なくなりますよね(笑)。
しろたん:そうですねえ。 一度、昼間にライブやったときは、自宅ではできないような演奏スタイルがいいと思って、4人編成のバンドでやりましたよお^^
エレ: SLAのライブですね。また演ってほしいなあ。
しろたん:はい〜〜。UGさん含めて、みんな会社の同僚でしたあ。
エレ:UGさんも会社の方なんですね(笑)。
しろたん:そうですう。UGさんはこういうSLの世界は合ってるんじゃないかって前々から思ってたので、誘ったんですよお。ジェッツさんとも気が合いそうだなあとか、音楽の趣味も似てるし、とかね。それだけじゃなく、クリエイティブなのは得意だからねえ。同志ですが、尊敬してますよ。
エレ:芸術家肌って感じ。
しろたん:うんうん。
わたしはお笑い。
エレ:なごみキャラかも(笑)。
しろたん:^^


しろたんネーミング秘話
エレ:あとはなぜ、しろたんなのですか?
しろたん:名前ですね。たてごとあざらしの、ぬいぐみだよお。検索で「しろたん」で、でてくるの。
エレ:そのキャラから、つけたんですね〜。
しろたん:へへ
エレ:どなたの命名でしょうか。
しろたん:わたしですが^^
エレ:やっぱり(笑)。
しろたん:この「しろたん」はスペルが「sirotan」なので、大丈夫かなと。
エレ:「shirotan」ならOKと(笑)。
しろたん:そうですう。ちなみにRLのバンド名も、たてごとあざらしの英語で「Harpseals」っていうバンド名でやってるの(笑)。(最近はしろたんばっか)
エレ:かっこいい。
しろたん:響きがいいねっていう単純な発想です。
エレ:ある意味ミュージシャンらしい(笑)。
しろたん:白い雪っていう曲があるんだけど、shiroい雪ですねえ(笑)。やばいですねえ(笑)。
エレ:やばいです(笑)。
しろたん:うん(笑)。
エレ:(爆)。
しろたん:「此花咲邪」の歌詞も「白い」で始まります。
エレ:それも、狙ったんですね(笑)。
しろたん:はい〜〜(笑)。
エレ:「此花咲邪」はUGさんとの共作でしたよね。どういう流れで制作されたんでしょうか?
しろたん:「此花咲邪」は曲がすでにあって、歌が入ってなくて曲名はあったんです。
エレ:ピアノ曲的なものがあったんでしょうか。
しろたん:あれ、わたしが聴いたときは、お琴だったんですよお^^
エレ:それは意外です(笑)。
しろたん:UGさんのいくつかある曲の中で、とてもいいと思ったから歌詞と歌をつけさせてもらったんです。そうしたらアレンジがまたがらりと変わりましたねえ。祇園でのライブがUGさんとのユニット初だったから、その頃作ったんです〜〜。
エレ:今後も共作の予定は?
しろたん:そうですねえ。アレンジとしてはいつもやってもらっていますけど。また出来たらいいなって思います〜〜。今は新曲作りで、またしてもアレンジを頼んでいる最中ですね。
エレ:おお〜。
しろたん:雨の曲だから、時期的にはもうすぐなんですけどね^^
エレ:ライブ等で聴けるのを楽しみにしています(笑)。
しろたん:ありがとうです〜〜^^
エレ:SLでの音楽活動で、転機みたいなものってあったんでしょうか。
しろたん:転機みたいなもの!
エレ:ずーっと順調でしたか?
しろたん:いろいろありますよお。一時期、ライブ活動のやり過ぎで、結構週末のライブ前にテンパって練習してたりしましたよお。
エレ:ええ〜っ(意外)。でも過去形だ(笑)。
しろたん:はい〜〜。過去形だね。
エレ:あはは(笑)。
しろたん:なので、転機といえば、活動もマイペースなスタンスに変えたということでしょうか。


今後の活動について
エレ:ここからは、今後の活動について、おうかがいしたいと思います。
しろたんまずは、海外活動でしょうかねえ。
エレ:やっぱり海外展開ですね。
しろたん:うんうん。わたし、英語は分からないんだけどライブをしたいという打ち合わせの話や、サーバーの話や、ライブ中のお客さんの反応は英語だけど、何となく伝わりますねえ。
エレ:なるほど(笑)。
しろたん:うんうん。
エレ:前回、犬茶さんのおっしゃってたことともリンクします。
しろたん:うんうん。最初はわんわんが英語話せるから、一緒に出演してもらったんですよお。
エレ:わんわん(笑)。
しろたん:わんこ^^
けんちゃ、って呼んだ事あるかなあ><
エレ:あはは(笑)。そうだ!
しろたんさんっていうと、なんか違和感があって(笑)。
しろたん:そうそう。さんはなくてもいいんですよお^^
エレ:やった(笑)。
しろたん:おっけーーです。
あ、余談だけど、前にね、RLスタジオオフ会っていうのがあって、スタジオが集合場所でわたしが予約してあったんだけど。本名で予約したから、みんな分からないじゃんって(笑)。
エレ:たしかに(笑)。
しろたん:それでね、すぺちゃんが遅れるから、スタジオの店員さんに、親切で言っておこうって。「またろうー、しゅー、けんちゃ」までは順調だったの。
エレ:はい(笑)。
しろたん:「しろたん」って言ったら、たん????って 聞き返された(笑)。
エレ:でた。爆笑エピソード(笑)。
しろたん:うはは^^
遠いところの友達が、いっぱいできるって珍しいよねえ。
エレ:そうですね〜。
しろたん:セッションもできるし。
エレ:たしかに離れたところとのセッションとか、すごいですよね〜。
しろたん:すごいねええ><
そう、Shuさん(Surrealityオーナー)とは セッションができた時に、すげええって思ったよ〜〜〜。ラジオも面白いしね。
エレ:ラジオも面白いですね〜。
しろたん:ね〜〜。
エレ:個人でもやろうと思えば、できちゃうのもすごい。
しろたん:そうだねえ。すごすぎです!!
エレ:ラジオ番組やりたいとか、そういう野望はありますか?
しろたん:あははーーー。いやーー。そういえば、やったことはないですねえ。
エレ:ですよね〜(笑)。環境はありますよね〜。
しろたん:ありますねえ。
エレ:本人のやる気しだいですよね〜(笑)。
しろたん:そそそそっすねえ。
エレ:レギュラー化とかは、難しいのかもしれませんが、ファンは聴きたいと思いますよ〜。
しろたん:うひょひょ。くだらない話でもいいのかなあ。
エレ:くだらなくない話って…。
しろたん:ああ、そうか、NHKになっちゃうな。
エレ:楽しいほうがいいです(笑)。
しろたん:そうだねえ。楽しいのがいい。
エレ:期待してます(笑)。今後の活動は、どちらでチェックすればよろしいでしょうか。
しろたん:ここでライブのスケジュール更新したりしますので、よろしくです。
http://www.myspace.com/shirotankidd
エレ:はーい。
本日は、ありがとうございました。
しろたん:こちらこそお^^

雑談とかオフレコの方が楽しくて、今までで一番まとめるのに苦戦しました(笑)。
しろたんの本当の魅力は楽曲・歌声の素晴らしさですから、ぜひライブでお聴きになることを、オススメします♪

Recommend







テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

参加ランキング:にほんブログ村 セカンドライフ

SLの新しい可能性 YumixSquareinセカンドライフ(SecondLife)

このエントリーをはてなブックマークに追加
SLの新しい可能性 YumixSquare


先日のWeb2.0マーケティングフェアで紹介されたSLを使った電話リレーサービスの実験Yumix square代表のyumix Writerさんに話を聞きました。
記者:Yumix Square(仮称)とはどういうものなんですか?
yumix Writer(以下ゆみさん):要は、みんなで協力し合いながら、弱者の立場を支援して社会参加を促進していく活動です。その中の1つの取り組みが電話リレーサービスなんです。
そこでは、仕組みを作って聴覚や言語に障害のある人たちの利便性を向上させることと、赤ちゃんをかかえているお母さんのように、外にでて仕事のできない人への就労機会の提供をしていこうというものです。その電話リレーサービスのブースが、この3つ並んだ場所です。ここで、対面しながら電話の取り次ぎを行っていきます。

それに併せて、こちらには手話を切り口としたコミュニケーションの世界を広げられるように社会啓蒙も意識しながら、字幕つきの手話映像を流しています。この映像はNHK手話ニュースで流されたものです。これは同じ聾唖者で自立してがんばっている人を紹介しながら、仲間の奮起を促すことが目的のようです。
それと、聞こえる人たちにも字幕をつけて内容を知っていただきながら、相互理解に近づけていくんだそうです。手話も言語の一つであれば、多言語のSLの中では、お互いに理解もしやすくなってくるのかなぁと淡い期待を持っています。



このパネルは、かがやきパソコンスクールさんからいただいた発表資料です。タッチすると、ページがめくれます。



記者:ゆみさんは、このプロジェクトではどのようなお立場なのでしょうか?
ゆみさん:代表者です。で、かがやきパソコンスクールさんは、バックアップをしてくれている、いわば共同運営者です。
記者:このSIM(取材場所:Yumix Land)は、ゆみさんのものなのですか?
ゆみさん:SLはバーチャルとはいえ対面するところが大きいんです。このSIMに住んでいる住人さんは、いわば、この活動の支援者でもあるんです。SLで知り合って、活動に理解を示し、協力を買ってでてくれた人たちが、主に住んでいます。だから、一般公募はしていないんです。
記者:このプロジェクトのサイトとかはないのですか?
ゆみさん:今のところないです。ただ、活動の中で手話ニュースの放映だとか、電話リレーサービスの実験だとかは、かがやきパソコンスクールさんのサイトで発表されています。
WindowsMEとか使っている人が多くて、話にならないんです。98という人も、結構いますよ。みんな、お古をもらったりして、やっとメールを使ったり、情報を閲覧したりするようになってきているくらいです。
渡しなんかは、かなり先進的なほうかもしれません。経済的にも恵まれていませんから、買えない人が多いんです。仮にお金があっても、勉強する場所がほとんどないので、スキルを向上させるのも大変なんです。そこで、このかがやきパソコンスクールさんが孤軍奮闘でがんばってるんです。
記者:かがやきパソコンスクールさんとは、パソコンのスキルをあげる場所という感じなのでしょうか?
ゆみさん:基本的にはそうですが、このスクールではビジネスに関する勉強もできます。たとえばロジカルシンキングなんかも、手話で教えてくれるんですよ。今までにない、画期的なところですよ。今までは、福祉のお世話にしかなれなかったので、いつも最低限のものしか、手に入らなかったんです。ここは有料ですが、質の高いものを提供してくれるんです。
※ロジカルシンキング:情報を決められた枠組みに従って整理する思考法。これを使うことで、ものごとの因果関係を明確に把握したり、問題の解決策を突き止めることが可能になる。論理的な説明をするための前提となる技術である。交渉やプレゼンテーションの際に活用できるので、この思考法に感心を寄せる企業が増えつつある。(IT Pro Keywordより)

お話を聞いている間に、2006年4月にYoutubeにアップされたBetter Lifeという映像が思い浮かびました。
現実世界で車椅子生活の男性が、セカンドライフでは思いのままに、飛んだりするというマシニマです。このように、SLの最初の目的は、車椅子等の障害者がいろいろなことを疑似体験するために開発されたのだそうです。
Yumix Squareはまさに、その基本概念をより現実的な形にしたようなプロジェクトではないでしょうか。
かがやきパソコンスクールURL:http://kagayaki.school-info.jp/

Recommend







テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

参加ランキング:にほんブログ村 セカンドライフ

カエル隊の中を検索
カエル隊最新記事
投稿記事カテゴリ
看板屋カエル隊プロフィール

看板屋カエル隊 まゆみ
カエル隊Google+まとめページ

 

mayumi Frog

ブログ開設当初はともかく!
現在は「看板屋」ナシで
「カエル隊」が
屋号的あだ名みたいな?
セカンドライフで遊ぶカエルでケロっ♪

About Us

まゆみの勝手な
セカンドライフ
イベントカレンダー

最新記事のお知らせは

最新記事のお知らせはtwitterで♪

リンク
最新コメント
最新トラックバック
お気に入りイロイロ
てきとぉなお気に入りリンク集♪ (順番もてきとぉ)


RSSリンクの表示
看板屋カエル隊QRコード
QR
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

サイトマップ

全ての記事を一覧表示する

Gallery