言語の高い壁の隙間から見えたモノinセカンドライフ(SecondLife)

このエントリーをはてなブックマークに追加
気になってたNewWorldNotesの記事
How to Contact a Second Life Content Creator (Without Being a Jerk)

エーゴで書かれていて、まゆみの場合、言語の高〜〜〜〜〜ぃ壁があるしw
さらに!頼みの綱のChrome翻訳も、かなりビモーな日本語だけどw

セカンドライフLost Worldでのスナップショット
SS:Lost World


コレって、ネットコミュニケーションのエチケットとマナーについて、書かれている(らしぃよ?w)。

まず、エチケットとマナーの違いについての論争もあるけど。
電車の中で、お化粧するのは、まわりの人が不快な気持ちになるから、やめておこうがマナー。
電車の中は、公共の場だから、プライベート活動のお化粧はするのはやめておこうというのが、エチケット。
どちらも「まわりを不快にさせない配慮」のコトと解釈した上でw

自分の活動?言動?をかえりみて、相手の事情を考慮し、自己の要求を押し付けるのではなく、感謝をもって接しましょー。
なのかもなので、
忘れちゃいけない大切なコトだと。
啓蒙的に記録しておくw _φ(。_。*)メモメモ

え?意訳しすぎ??w
そぉ思うなら!ちゃんと翻訳してちょぉだいっ!!w

以下引用

原文 Chrome(google)翻訳
Miss Metaverse Manners Rants: How to Contact a Second Life Content Creator (Without Being a Jerk) メタバースマナーわめきを欠場:Second Lifeのコンテンツクリエイターを(ジャークされず)に連絡する方法
Iris Ophelia's ongoing review of gaming and virtual world style

So you just bought a fabulous new pair of Second Life shoes... But the left one is the wrong color. WTF. Thankfully it's easy to contact a content creator in SL: Just open an IM window and MESSAGE THEM IN ALL CAPS, right?
That might sound crazy, but a lot of content creators tell me that's exactly how a lot of people contact them, and they've shared horror stories about rude or oblivious customers with me for years. There's a lot of unspoken etiquette that goes along with contacting anyone in SL -- ignorance of this etiquette is a huge grind on a virtual economy where content creators often make just a few pennies on each sale, causing them to wonder if all this rudeness from entitled customers (which I've covered before) is worth their time. So let's limit future damage with a few questions to ask yourselfbefore you hit 'Send':

アイリスオフィーリアの継続的なレビューゲームや仮想世界のスタイルは、
それで、あなたはちょうどセカンドライフ靴の素晴らしい新しいペアを買った... しかし左が間違った色である。WTF。ありがたいことに、それはSL内のコンテンツ制作者に連絡するのは簡単です:ちょうど、すべて大文字でそれらIMウィンドウとメッセージを開く?
それはクレイジーに聞こえるかもしれませんが、コンテンツ制作者の多くは、多くの人々がそれらに連絡し、彼らは何年も私と一緒に失礼または気づか顧客についてのホラーストーリーを共有している正確にどのようなことを教えてください。SLで誰かと連絡をと一緒に行く暗黙のマナーがたくさんあります-このエチケットの無知は、コンテンツ作成者は多くの場合、すべてのこの無礼からの場合は、それらが疑問を引き起こして、販売ごとにちょうどいくつかの小銭を作る仮想経済で挽く巨大ですと題する顧客は(私が前に紹介してきている)、自分の時間の価値がある。それでは、自問するいくつかの質問で今後の被害を最小限に抑えることができ前に、あなたは'送信'をヒット:

Who are you?

Do they know who you are? Have you spoken before? Be brutally honest with yourself, particularly if you're a blogger -- stow your ego and operate on the assumption that designers have no idea who you are, because many of them won't. Don't approach them acting like it's a treat for them to speak to you... And for the love of god don't hand out unsolicited applications to sponsor or be blogged by you, it makes you look like a joke.
あなた誰?
彼らはあなたが誰であるか知っていますか?あなたは前に話したの?あなたがブロガーだ場合は特に、自分自身に残酷に正直である -それらの多くはないので、あなたの自我を積み込むとデザイナーはあなたが全く分からないという前提で動作します。それは彼らがあなたに話をするための御馳走のようにそれらは演技に近づかない... そして、神の愛のためにスポンサーにしたり、ご自分でブログを書いて迷惑することがアプリケーションを配ることはありません、それはあなたが冗談のように見えるのです。

Who are you contacting?

Read someones Profile carefully before you contact them. Many designers use alts to upload and assemble products, or have CSRs to specifically handle inquiries for them, so IMing the wrong person will be a guaranteed dead end. Likewise using the wrong method means your message has a high chance of getting lost in the shuffle.Most content creators should have a section somewhere in their Profile about who to contact and how to do so: Some prefer IMs, some want notecards, some even want private Plurks, emails, or web forms sent instead. Always follow any special instructions provided, they're there for a reason!
あなたは誰と接触している?
誰かのプロフィールをよくお読みください前に、あなたがそれらを連絡してください。多くのデザイナーがプロダクトをアップロードして組み立てることがアルツを使用するか、具体的にそれらのための照会を処理するためにCSRを持っているので、間違った人をIMingことは保証された行き止まりになります。同様に間違った方法を使用すると、あなたのメッセージがシャッフルで迷子に高い確率を持っているということです。ほとんどのコンテンツクリエーターが連絡すると、これを行う方法について、そのプロフィールのどこかのセクションを持っている必要があります:偶数一部は、IMを好む一部のノートカードをしたい、いくつかのプライベートPlurks、電子メール、または代わりに送信されるWebフォームをしたい。必ず付属の特別な指示に従ってください、彼らはそこに理由がいる!

How important is this issue, really?

Don't waste your time (never mind theirs) contacting people over non-issues. Stop and ask yourself how you would respond if someone approached you with the same issue. If there's a problem with a product then you should absolutely contact them.... but if there's a minor typo in the Read Me? Use your best judgement.
この問題をどのくらい重要ですか本当に?
非問題の人々と連絡を(彼らを気にしないで)あなたの時間を無駄にしないでください。誰かが同じ問題であなたに近づいた場合は、どう反応するかを自分で停止し、尋ねる。製品に問題があるなら、あなたはすべき絶対に彼らに連絡.. .. しかし、未成年者がいるRead Meにタイプミスがあったら?あなたの最善の判断を使用してください。

Do you need that review copy, really?

This is just for bloggers: Blogging virtual fashion is generally not a profitable hobby. As with modelling you will usually spend more than you earn, and review copies are one way to balance that but they are not guaranteed. Many designers are happy to provide them while others won't (check their Profile first, since many will mention exactly what their policy for review copies is,) so you should never ever feel entitled to one. And to be frank, if the item is under L$150, you probably shouldn't even ask. It's incredibly insulting to approach a designer and essentially say that their work is not worth an actual dime to you.
Everyone is different, but in my case I only request review copies for items that a) are around or above L$1000 and b) I likely wouldn't have bought for myself if I wasn't planning to write about them. When I approach a designer for a review copy, I always outline exactly what I'm planning to do with it, especially for popular products that high-profile bloggers have already written about. Obviously I can't say whether I'll have praise or criticism, but I can say the angle and approach I want to take that will set my review apart from others. This demonstrates a genuine interest in the brand/product and thoughtfulness as a writer in a way that a recycled and formulaic review copy request doesn't, so they're less likely to get the impression that you want to milk them like a cow for their products. If you don't have that information in your mind before you contact them (or can't be bothered,) you likely don't need to review the item at all.
あなたは、そのレビューのコピーが必要ですか本当に?
これはブロガーのためだけです:ブログバーチャルファッションは、一般的に有益な趣味ではありません。モデリングと同様にあなたは通常、あなたが得るより多くを過ごすことになり、レビューのコピーがあることのバランスをとるための一つの方法ですが、それらを保証するものではありません。多くのデザイナーは、他の人がいない(でしょうが、それらを提供してくれます、まず自分のプロフィールを確認して多くの人がレビューコピーのための彼らの政策が何であるかを正確に言及するので、、、)ので、あなたはいけない今まで 1を受ける感じない。アイテムがL下150ドルである場合には率直に、あなたは多分、聞くべきではない。それはデザイナーに近づくと、本質的に自分の仕事があなたに実際のダイム価値がないと言うことは信じられない侮辱だ。
誰もが異なっていますが、私の場合のみ)$ 1000年頃またはL以上であり、私はそれらについて書くことを計画していなかった場合b)私はおそらく自分のために買ってなかっただろうとアイテムのレビューコピーを要求します。私はレビューのコピーのためにデザイナーに近づくと、私はいつも、私は特に知名度の高いブロガーが既にについて書かれていることが人気のある製品については、それを行うことを計画しています正確に何を概説しています。もちろん、私は、私は賞賛を持っているのかどうかと言うことはできませんや批判が、私は他の人から私のレビューを離れて設定されている撮りたい角度やアプローチを言うことができますこれは、リサイクルや定型レビューのコピー要求そのように作家としてのブランド/製品と心遣い、純粋な興味を示していますしないので、彼らはあなたが彼らの製品の牛のようにそれらを牛乳にしたいという印象を受けにくくしている。あなたが彼らに連絡する前に、あなたの心の中にその情報を持たない場合(または気にすることはできません、)は、おそらくすべての位置にある項目を確認する必要はありません。

Are you submitting a complaint?

Do you have the SL Marketplace open? Good. Close it, and contact the designer through SL first. It's not that you shouldn't give an honest review on the Marketplace after you've bought something, it's more that you're more likely to get a response and a resolution by politely contacting the designer first. After all, you're dealing with a person, not a massive faceless organization. You won't always get a satisfying solution so you may need to leave that negative review anyway (and yeah some creators can be jerks about these sorts of things) but you'll never know unless you try.
The other thing is... How to say this delicately... The problem you have might betotally ridiculous? You might be complaining that a suit doesn't come with shoes, when it never claimed to come with shoes and most people wouldn't even expect it to. True story. (Edit: As Siddean mentioned in the comments, make sure that you've read the instructions, too!) A ridiculous review on the SL Marketplace will hurt their businessand make you look like a moron in one deft stroke of the enter key.
あなたは訴状を提出していますか?
あなたはSLマーケットを開いているのですか?グッド。それを閉じて、SLをデザイナーに連絡第一。それはあなたが何かを買ってきた後は、マーケットプレース上で正直な評価を与えるべきではないことはない、それはそれ以上のことだあなたが丁寧に接触させることによって、レスポンスと分解能を得ることになりそうだ最初のデザイナーは結局のところ、あなたは人ではなく、巨大な顔のない組織を扱っている。いずれにしても、その否定的なレビューを残しておく必要がありますので、必ず満足のいく解決策を得ることはありません(そして、いくつかのクリエイターがこのようなことについてピクピクすることができそう)しかし、あなたがしようとしない限り、あなたが知っていることは決してないだろう。
他の事はある... これは微妙に言ってどのように... あなたが持っている問題はあるかもしれない全くばかげ?あなたはそれが靴に来ると主張したことがないと、ほとんどの人はそれに期待してもないだろうというとき、スーツ、靴が付属していないという不満かもしれません。実話。(編集:Siddeanがコメントで述べたように、あなたも、説明書を読んだことを確認してください!)SLマーケットプレイスでばかげたレビューは、自社のビジネスを傷つけるでしょうし、あなたがEnterキーの1巧みなストロークでバカのように見えるように。

Are you making a request?

Most designers these days don't do custom work, and those that do will usually outline it in their profiles. I cannot overemphasize the importance of reading someone's Profile before you contact them, in almost every scenario. You can always ask, butbe prepared to hear (and accept) a no. Many designers are happy to receive requests or suggestions for future work or variations of past work anyway, but once again you should be prepared to gracefully accept rejection. Maybe they don't have time, maybe your suggestion doesn't suit their own style, whatever -- Don't take it personally, and don't nag them about it.
あなたは、要求を行うのですか?
ほとんどの設計者は、これらの日は、カスタム作業をしないと、でないものは、通常、自分のプロファイルにそれを概説します。私が誰かのプロフィールを読んだことの重要性を強調し過ぎることはできません前に、あなたがそれらを連絡するほとんどすべてのシナリオでは、。いつでも尋ねることができますが、製造され(と受け入れる)ノーを聞くために。多くのデザイナーは、とにかく将来の仕事や過去の作品のバリエーションの要求や提案を受けるために満足しているが、再びあなたは優雅に拒絶を受け入れるように準備されるべきです。たぶん、彼らは時間を持っていないが、多分あなたの提案は、自分のスタイルに合わないものは何でも- 個人的にそれを取ってはいけないし、それについてのそれらをしつこくしないでください。

Are you thanking them or complimenting them?

Do it! Please! You will probably make their day. This goes for just about anyone.... But only if you really mean it. Drop them a notecard or send them a little IM or PP. Don't drag it out or contact them over and over again for a response because then it will feel a little less flattering and a lot more creepy. Consider it like an admirer's note slipped into a locker: One note is sweet, five notes is stalking.
Just remember that a compliment is not a means to earn someone's friendship or get close to a content creator for perks. Don't be an asshole. Most people have a good sense of when you're just using them for the benefits.
あなたは彼らに感謝したり、それらを補完していますか?
それを行う!お願いします!おそらく、その日になります。これはちょうど約だ ​​れでものために行く.... しかし、あなたは本当にそれを意味している場合のみです。彼らにノートカードを落としたり、少しのIMまたはPPを送信します。。それは少しお世辞と多くの不気味な感じになるので、それをドラッグするか、応答を何度も何度もそれらを連絡しないでくださいロッカーに転落崇拝者のメモのようにそれを考えてみましょう:ワンノートは甘い、5音ですストーキング。
ただ褒め誰かの友情を稼ぐまたは特典のためのコンテンツ作成者に近づくための手段ではないことを覚えています。嫌いな人はいけません。ほとんどの人は、あなただけの利益のためにそれらを使用しているときの良識を持っている。

What kind of answer are you expecting?

Even if you're mad, phrase whatever you're saying in the tone you would like to receive a reply in. If you spray abuse at someone you should expect to get exactly that in return. Yeah some people will respond poorly to certain things no matter what, but that's no reason to draw your gun before you're even in the saloon, cowboy.
If someone doesn't reply immediately it's probably not because they hate you, or because they're a bad person. I try to give someone until the end of the next weekend to respond to something I've sent before sending a follow up to make sure they recieved it. If it's urgent give them a couple days at least -- Remember that everyone has lives and moods and schedules to follow and errands to run, just like you do.
あなたは答えのどんな期待している?
あなたが返事をインチ受け取りたい口調で言っているものは何でもあなたが怒っている場合であっても、フレーズ、あなたがお返しにとまったく得ることを期待してください誰かに虐待をスプレーした場合。うん何人かの人々は、特定の物事にほとんど反応しないでしょうたとえ何があろうと、それはあなたがサロン、カウボーイでもしている前にあなたの銃を描画する理由はない。
誰かがすぐに応答しない場合、それはおそらくいない、彼らはあなたが嫌いだからか、彼らは悪い人だから。私は彼らがそれを受け取っを確認するためにフォローアップ送信する前に送信したものに対応するために次の週末の終わりまで誰かを与えることを試みる。それが緊急の場合は、それらに少なくとも数日を与える-誰もがあなたが行うのと同じように、実行するための生活や気分やスケジュールに従うことと用事を持っていることを忘れないでください。
In summary, folks: be thoughtful, be understanding, be patient... And always read their Profile first! 要するに、人々:思いやり、理解すること、我慢して... と常に最初にプロフィールを読んでください!

関連記事
スポンサーサイト

Recommend







テーマ : Second Life
ジャンル : オンラインゲーム

参加ランキング:にほんブログ村 セカンドライフ

コメントの投稿

非公開コメント

カエル隊の中を検索
カエル隊最新記事
投稿記事カテゴリ
看板屋カエル隊プロフィール

看板屋カエル隊 まゆみ
カエル隊Google+まとめページ

 

mayumi Frog

ブログ開設当初はともかく!
現在は「看板屋」ナシで
「カエル隊」が
屋号的あだ名みたいな?
セカンドライフで遊ぶカエルでケロっ♪

About Us

まゆみの勝手な
セカンドライフ
イベントカレンダー

最新記事のお知らせは

最新記事のお知らせはtwitterで♪

リンク
最新コメント
最新トラックバック
お気に入りイロイロ
てきとぉなお気に入りリンク集♪ (順番もてきとぉ)


RSSリンクの表示
看板屋カエル隊QRコード
QR
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

サイトマップ

全ての記事を一覧表示する

Gallery